カードローン審査通らない?銀行でお金借りたいけど借りれないとき

カードローン審査通らない?銀行でお金借りたいけど借りれないとき

 

カードローンでは、審査通らないとお金を借りることができません。

 

審査通らないときは、まずはその原因を見極めるようにしましょう。

 

審査通らない理由で多いのは、申込者の属性に問題がある場合です。

 

たとえば、勤続年数が1年ほどだと、カードローン審査では不利になります。

 

勤続年数が不利になるのは、継続的な収入と認められないからです。

 

ですから、転職直後などで勤続年数が短い場合は、同じ職場にしばらく勤めてから申し込みをしましょう。

 

これまでクレジットカードを一切作ったことがない人も、カードローン審査では不利です。

 

具体的には、30代までに一度もクレジットカードを作ったことがないと、お金を借りるのが難しくなります。

 

この理由で審査通らないなら、携帯電話を分割で購入して、実績を作るようにしましょう。

 

実績を作ってしっかりと返済しておけば、カードローン審査でも問題なくなります。

 

申込者の属性で審査通らない場合は、時間をかけて有利な属性にしていくしかありません。

 

カードローン審査では、申し込み方法が原因で通らないこともあります。

 

申し込み方法が原因で多いのは、短期間に複数回の申し込みをすることです。

 

 

短期間に相次いで様々なカードローンに申し込みをすると、申し込みブラックとなり審査で落とされます。

 

複数のカードローンに同時申し込みをするなら、2社ぐらいまでに留めておきましょう。

 

また、一度審査に落ちてしまったら、次のカードローンに申し込むまで期間を空けてください。

 

1ヶ月程度の期間を空けてから申し込むと、申し込みブラックにはなりません。

 

申込書の記入ミスも、意外と多い審査落ちの理由です。

 

また、申込書の記入ミスとともに、必要書類の不備にも注意しなければいけません。

 

カードローンの申し込みをするときは、記入ミスがないかしっかりと確認をして、必要書類もすべて揃えておきましょう。

 

他にもカードローン審査では、返済能力以上の希望借入額、年収の3分の1以上の借り入れがあるなど、様々な理由で通らなくなります。

 

審査に通らずにお金を借りられないときは、まずは理由を考えて、一つひとつクリアしていきましょう。

 

また、お金を借りることができるカードローンは、1社だけではありません。

 

様々な銀行や消費者金融、信販会社などが提供していて、審査基準もそれぞれで異なります。

 

審査に通らない、審査に通るか不安なら、基準が緩いカードローンを選んで申し込みをしてください。